キャバクラで稼ぐための基本的な方法については、ここまでの記事である程度お分かり頂けたのではないかなと思いますが、いかがでしたでしょうか。
既にキャバ嬢としてしっかり働いている皆さんには今更感もあるかもしれませんが、これから働くことを考えている女の子たちにとっては耳寄りな情報になっていればと思います。

さて、今回お話をしたいのは京都のキャバクラという特性を生かして、どうすればがっつり稼ぐことができるようになるのか、その気になる方法についてです。

①観光客を狙い撃ちするという手

京都に住んでいるみなさんなら、きっとおわかり頂けると思うのですが、とにもかくにも"年中観光客が多い"のです。
それこそハイシーズンまっただ中となる春や秋と言われれば分かるのですが、近年では外国人観光客の著しい増加がすすんでいることもあって、夏、冬、あまり季節に関係なく京都を訪れる外国人の方が増えているんです。

中国系のアジア人が一番多くみられますが、アメリカ、ヨーロッパ圏から来られている方も多く、その他にも東欧系、インドネパール系の人々も多く、不思議な感じすらしてきます。
そんな中、キャバクラに限って言えば、祇園辺りに立地するお店では、ある程度外国人の方が来られることが増えてきており、中には英語や中国語などの話せるキャストを優遇するといったお店も増加傾向にあります。

そこでお勧めしたいのが外国語を学ぶということです。
もちろん、ペラペラである必要はありません。
少しコミュニケーションできるレベルで英語や中国語ができれば、後はある程度お客様がリードしてくださるものです。

また、少しでも話せるとなれば、お店での待遇も違ってくるのではないでしょうか。
他のキャストさんに差をつけ、しっかりと稼ごうと思えば、観光の方を囲い込みしていくというのも大きな手と言えるでしょう。

②むしろ外国語を学ぶつもりで接客をする

もしあなたが個人的に語学を習うのが難しいのであれば、接客をしながらお客様を相手に外国語を学ばせてもらうというのも手です。
この地で仕事をするのであれば、キャバ以外の仕事においても外国人の方と上手くコミュニケーションを取れる方がとても有利なのです。

その点、お酒を飲んで頂きながら地元の話を交えつつ、うまく文化交流をはかり、なおかつ外国語を学ぶことができるわけですから、とてもいい環境ですよね。
そこで鍛えれば、それだけ収入にも直結するのでとてもお勧めの方法です。